■英文法・比較の質問と回答

rather than が比べるもの

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していきます。

Q Shinさん

次の一節はアメリカ人の視点から日本人の思考・論理パターンについて述べたエッセーの一部です。

It is said that the Japanese prefer to use the logic patterns that emphasize talking "around" the subject rather than on it. The Japanese start at the edges with a wealth of background information and explanations and then gradually "circle in" on the thesis and main points.

第1文の “rather than” の解釈をめぐってお尋ねいたします。

この “rather than” は
(解釈1)
talking "around" the subject と (talking) on it(=the subject) を比較した上で、「前者の方をより後者よりも重視する論理パターン…」というふうに ”emphasize〜rather than…” の構造になっている。

(解釈2)
“prefer to do 動詞句(A)…rather than 動詞句(B)” で「BするよりもAすることをより好む」という構造の “rather than” であり、上の文では ”on it” の前に本来あるべき部分(“to use the logic patterns that emphasize talking” )が省略されたものである。

私は以下の2点から(解釈1)をとりたいのですが、(解釈2)が正しいと主張する人が私の回りには少なからずいます。

(1)
手元の電子辞書で ”emphasize” & “rather” & “than” で例文検索をかけると以下の例文を含めて4件ヒットしました。
・ a system that emphasized practical rather than pure research
(_Oxford Thesaurus of English _, 2nd ed. 2004より)
このように ”emphasize〜rather than…” というつながりが自然な感じがします。

(2)
さらには(解釈2)では、あまりにも省略されているとされる部分が長すぎて不自然に感じます。

どのように考えるべきでしょうか、ご教示ください。

 ↓
 ↓
 ↓

A Emanonさん

Shin さん,

> (解釈1)
> talking "around" the subject と (talking) on it(=the subject)
> を比較した上で、「前者の方をより後者よりも重視する論理パター
> ン…」というふうに ”emphasize〜rather than…” の構造になっ
> ている。

言い換えると,the Japanese 以下のエッセンスは,

1) the Japanese prefer to use "A".

(ただし,
"A" = the logic patterns that emphasize talking "around" the subject rather than on it)

ということだと思います。同様に,

> (解釈2)
> “prefer to do 動詞句(A)…rather than 動詞句(B)” で「Bするよ
> りもAすることをより好む」という構造の “rather than” であ
> り、上の文では ”on it” の前に本来あるべき部分(“to use the
> logic patterns that emphasize talking” )が省略されたもので
> ある。

は,

2) the Japanese prefer to use "B" rather than (to use) "C".

(ただし,
 "B" = the logic patterns that emphasize talking ... around ...
 "C" = the logic patterns that emphasize talking ... on ...)

ということですね。

こうしてみると,両者の違いは,1) の英文が "Do the Japanese prefer to use ...?" という yes-no 疑問文に対応しているのに対し,2) は "Which do the Japanese prefer to use, "A" or "B"?" という which 疑問文に対応していることだとわかります。

つまり,1) は prefer が rather than をともなわないことから,「選択」の意味が薄れ,単に好みや傾向を表現するにとどまっているのに対し,2) は「選択」の意味がはっきりしているということです。

おそらく,これらの違いと他の文脈とのかねあいでもって,どちらの解釈が適切かという判断をすることになるのだろうと思います。(問題の英文だけを見て判断せよということだと,どちらの解釈も間違っていないと思います。)

個人的には「日本人が2つの選択肢を与えられて,その内1つを選択している」というより,「日本人には特定のやり方をする傾向がある」という観察のほうが実態と合っているような気がします。全体を読んでいないので,単なる想像に過ぎませんが。

それから,

> (解釈2)では、あまりにも省略されているとされる部分が長すぎて不
> 自然に感じます。

は確かにその通りだと思います。これをもって(解釈2)を誤りとは言えないでしょうが,prefer と rather than はちょっと離れすぎていて,emphasize + rather than のつながりのほうが自然な感じがします。

 ↓
 ↓
 ↓

RE Shinさん

Emanonさま、ご回答をありがとうございます。

「これらの違いと文脈とのかねあいでもって,どちらの解釈が適切かという判断をすることになるのだろうと思います」とお書きになっていらっしゃいます。

著作権の問題がこのサイトではどのようにお考えかについてよく存じ上げませんが、文脈のご理解をいただくために以下にこのエッセーの全文全文を挙げておきます。(2001年自治医大、一次試験/医学部問題の一つと聞いています。)該当の箇所は第6パラグラフにあります。参考にしてください。

(管理人による →自治医科大学 (医歯薬・医療系入試シリーズ (2002年版))

Differences in cultural values, logic, and thought patterns are often reflected in the very different ways Americans and Japanese organize and present information, ideas, and opinions. These differences lie at the root of many communication problems and exert a powerful influence on the process of persuasion, negotiation and conflict resolution.

The rules of logic established by the Greeks and Romans are widely accepted in Western cultures, but this Western logic is by no means universal. Logic is a product of culture, and many Asian cultures such as the Japanese operate under different logical assumptions.

When Americans get confused and frustrated listening to Japanese, they often complain that the Japanese "just aren't logical" and seem incapable or unwilling to use traditional Western logic. This impression is largely due to cultural differences in reasoning and thought patterns.

From an early age, Americans are taught to be orderly in outlining their facts and in summarizing their main points according to a framework that reflects Western logical structures. The logical way of presenting ideas in the West could be called linear or "straight-line" logic, which emphasizes direct and explicit communication. The most important aspects of straight-line logic are organizing your presentation in outline form and "getting straight to the point." In general, more low-context mainstream American patterns of thought and presentation are analogous to lines because all parts of the message must be explicitly connected clearly and directly.

But the Japanese do not learn to order their facts or present information and ideas in the same way. They consider the practice of ordering facts for others comparable to tying a child's shoelaces for him after the child has already learned the skill. American linear, one-step-at-a-time arguments and logic can seem immature to the Japanese, and Western logic is often perceived as intrusive ― an attempt to get inside the heads of other people and try to do their thinking for them.

But if Americans think in a linear way, then how do Japanese think? A natural response would be that since the circle is the opposite of a line, then the Japanese probably think in circles. It is said that the more high-context Japanese prefer to use the logic patterns that emphasize talking "around" the subject rather than on it. The Japanese start at the edges with a wealth of background information and explanations and then gradually "circle in" on the thesis and main points.

However, in some respects, Japanese patterns of thought and presentation are not like lines at all, but like a series of "dots." Parts of the message are contained in the individual dots, and it is up to the audience to link the dots in their heads. In low-context cultures the meaning of communication is stated to the audience directly and all the steps and links are clearly put forth by the speaker verbally. But in high-context cultures the meaning of communication is elicited by the audience indirectly and intuitively ― all the steps and links do not have to be clearly put forth verbally.

 ↓
 ↓
 ↓

RE Emanonさん

No.2387 を読ませていただきました。

著者は,日本人の考え方は日本の文化の産物,ととらえています。英米人の考え方についても同様です。その「文化の産物」とは,「選択」可能なものとして考えられているのでしょうか。

文化の産物が,例えば「日本茶」と「コーヒー」といったレベルのものだとすると,現代の日本では,日本茶にするのかコーヒーにするのか,という選択はもちろん可能です。それはどちらも現実に存在し,実際に選ぶことできるからです。

では,母国語についてはどうでしょう。これは文化の産物というより文化そのものであり,思考様式とも密接に関わるものですが,この場合は明らかに違います。日本人は,生まれたときから日本語環境の中で育ち,誰もが自然に日本語を身に付けます。アメリカ人も同じように英語を身に付ける。そしてそれが代々受け継がれていく。この場合,「選択」は考えられません。

思考方式は,「飲み物」的か「母国語」的かというと,これは明らかに後者の方でしょう。

アメリカ人がアメリカ的(西洋的)な思考様式を当然のこととして受け継いできた(From an early age, Americans are taught to ...)ように,日本人も独特の思考様式をはぐくんできた。そういう意味での「文化の産物」と著者は認識している。このような流れにおいて,「二者択一」は考えにくい。

よって,私の読み・意見としては,「選択」の意味が薄れた(解釈1:emphasize + rather than)を,文脈からしてふさわしいという意味で,正解として推したいと思います。

 ↓
 ↓
 ↓

RE Shinさん

Emanonさま、

詳しく説明をいただきよくわかりました。ありがとうございました。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜times as 原級 as と 〜times 比較級 than

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していきます。

Q Shinさん
倍数表現は
(1)“X times as 〜as ….”
で表すのが基本だと理解していますが、他方、
(2)“X times 比較級than ….”
という表現も学習参考書には載っています。

ところが文法書や参考書によっては(2)の表現は「倍数表現には用いない」という記述も見られます(例えば、安藤貞雄『現代英文法講義』(開拓社)、p.576)。

どのように考えればいいのでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

A くぼたくさん
(2)の表現を見たことがなかったので、調べてみました。
Michael SwanのPractical English Usage Third Edition, p118に、次のような記述がありました。
日本語に訳すとだいたいこのような感じになります。

「X times as 〜 as」は
「X times 比較級」で表すこともできる。
ただし、以下のようにtwiceとhalfの場合はas 〜 asでなければならない。
She's twice as lively as her sister.
*She's twice livelier than her sister.

なぜこのようになるのかは申し訳ありませんが、私には分かりません。
倍数を表すのに「times as 〜 as」の形が用いられる理由については私なりの答えがあるのですが、
比較級が後続する場合には当てはまりそうにありません。
もし何か分かれば、こちらに書かせていただきます。

 ↓
 ↓
 ↓

A Emanonさん 
Shin さん,

英語語法大事典』のp.350-352 に大変参考になることが書いてあります。

一言でいえば,“X times 比較級than ….”は表現として曖昧・古い,ということのようです。

これは,安藤貞雄『現代英文法講義』の,

> 「X times 比較級than …」の構文は,普通,倍数表現には用いない
> で,次のような誇張表現で用いる」

という記述と一脈通じているような気がします。

詳しくは『英語語法大事典』を読んでみてください。

 ↓
 ↓
 ↓

RE Shinさん
Emanonさま

ご紹介いただいた『英語語法大事典』のp.350-352 に目を通してみました。とても参考になりました。ただ何といってもやや古い記述であるところが気になります。もし、もう少し新しい資料が何かありましたらまたお教えいただけるとありがたいです。

 ↓
 ↓
 ↓

A Emanonさん 
Shin さん,

"The Cambridge Grammar of the English Language" (2002年 p.1131) を見ると,

1) 「x times as 原級 as タイプ」→ "the more usual verson"
2) 「x times 比較級 than タイプ」→ "the less usual (version)"

また,『英語語法大事典』にあるような「曖昧さ・古さ」については何の指摘もありませんでした。(この点は "A Comprehensive Grammar of the English Language (CGEL)" も同じです。)

それから,CGEL の,「比較」の章と無関係のところに:

> ... nine times more massive than the sun.

という例文をみつけました。「x times 比較級 than タイプ」です。

また,1), 2) の頻度の差は実際どの程度なのかを具体的に知りたくて Rachel Carson の "Silent Spring (1962)" を調べてみると,

「x times as 原級 as タイプ」→ 10 件
「x times 比較級 than タイプ」→ 3 件

でした。ただし,後者の3件のうち2件は「many times ...」という形ですが,前者はすべて「数値 times ...」です。

一般的にこういう感じなのだろうかと思いつつ,"Rise and Fall of the Great Powers" (1987) もついでに調べると,

「x times as 原級 as タイプ」→ 11 件
「x times 比較級 than タイプ」→ 18 件

と,こちらは逆転しました。(多分これは例外的な事例なのでしょう。)

このような結果をみると,『現代英文法講義』の

> 「X times 比較級than …」の構文は,普通,倍数表現には用いない

という説明は,ちょっと行き過ぎかも知れません。

 ↓
 ↓
 ↓

RE Shinさん
Emanonさま

「『現代英文法講義』の…説明は,ちょっと行き過ぎかも知れません」というコメントをいただきました。

2つのCGELのご紹介とともに、2つのサンプリング調査の結果が興味深く、いつものことですがありがたいです。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

コメントで、英文法の質問などを受け付けていましたが、
無関係なスパムのコメント、トラックバックが
余りにもしつこいので、コメント、トラックバックの
受付を停止いたしました。

非常に残念なことですが、ご了承いただきますよう
お願いします。





1日1問、英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
毎日解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最上級の書き換え

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q

次の問題に答えてください
I have never seen such a tall boy as he.これとほぼ同じ内容に書き換えたいのですが次のカッコには何が入りますか
I have never seen a(  ) boy (  ) he.

 ↓
 ↓
 ↓

A

優さん、質問どうもです!
I have never seen such a tall boy as he.
「彼のように背が高い少年を見たことがない」
つまり彼が一番背の高い少年であることを言えばいいわけです。
I have never seen a (taller) boy (than) he.
「私は彼より背の高い少年を見たことがない」
で、いいと思います。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

all the 比較級 for 〜

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q

【all the+比較級+for...[because-節]】がどうして「‥だからそれだけいっそう〜」になるか教えて下さい!!

 ↓
 ↓
 ↓

A

こういうのはそのまま憶えるより仕方ないのですが、参考になりそうなことを言うと、all には、単なる強調の副詞としての使い方があります。
all alone とか、He was all worn out. のように使います。quite とか、very のように、「全く、すっかり」という意味で、「全部」ではありません。
[all the 比較級] の場合も、比較級を強調していると考えると、「よりいっそう」というのが理解しやすいかと思います。

 ↓
 ↓
 ↓

RE

なるほど†+ぁりがとぅござぃました!!おかげで覚えやすくなりました(*>μ<*)ο

 ↓
 ↓
 ↓

A(補足)

ゆぁさん、質問どうもです!
phongさん、回答ありがとうございます。
補足です。

I like him (all) the better for his faults.
「欠点があるからなおさら彼のことが好きです」
この文において、all はphongさんのおっしゃるように、強調です。ですから省略されることもあります。

また、for 〜理由を表します。だから because he has faults などの書き換えが可能です。because of や owing to などの書き換えも可能です。

ですから、the 比較級が変わらない部分です。
そして、the に「なおさら」という意味があるのです。
もともと「彼のことがすき」なのですが、the better で、「なおさら好きだ」という意味になるのです。
私の持つジーニアス英和辞典 第4版では、この the を副詞としています。えっ「副詞」と思いましたが、形容詞や副詞の比較級を修飾しているので、働きは「副詞」ですね。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no fewer than と no less than

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q:
比較の表現について教えてください。
no less than = as many / much as で、そのあとに数と量の両方がきますが、同じ意味のno fewer than も同様に、そのあとに数と量がくるのでしょうか?

 ↓

A:
ちかさん、質問どうもです!
no less than は数量ともに使えますが、no fewer than は数えられるものにしか使えません。
no fewer than fifty people「50人も」というふうに数が多いことを表します。

 ↓

Q:
ありがとうございます。ということは、not less thanも数量に使い、not fewer thanは数えられるものにしか使えないということですか?

 ↓

A:
その通りです!





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

as 〜 as の用法

携帯電話 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
In no other city in the world are as many languages spoken as in New York.
spokenがなぜas-asに入るのかが分からないのですが、教えて頂けますでしょうか。

 ↓
 ↓
 ↓

A
難解な文ですね。
まず、 「as 〜 as …の間には、形容詞か副詞が入っていればよい」ということを覚えておいて下さい。

例えば
×He has books as many as I.
○He has as many books as I.
つまり、many が入っていれば、後は何が入ってもいいということです。

次に、迷ったらいつももとの文にもどるということを頭に入れておいてください。
○He has many books. がもとの文です。
×He has books many. は、おかしいでしょう?
だから as 〜 as …の間に、many books を入れるわけです。

さて、質問文にもどります。
もとの文は
Many languages are spoken in any other city in the world.
「多くの言語が世界の他のどの都市でも話されている」
です。
これを打ち消します。
Not so many languages are spoken in any other city in the world.
「それほど多くの言語が世界の他のどの都市でも話されていない」
これを in New York と比べてみます。
ここで注意を要するのは、languages と New York を比べてはいけないということです。
in any other city in the world と in New York を比べるということです。
Not so many languages are spoken in any other city in the world as in New york.
「ニューヨークで話されているほど、世界の他のどの都市でもそれほど多くの言語が話されていない」

次に、not 〜 any … = no … です。
例えば
I don't have any money.=I have no money.ということです。
また not so 〜 as … = not as 〜 as …です。
これらを用いると先ほどの文は、
As many languages are spoken in no other city in the world as in New York. となります。
この文は不自然です。
なぜなら、as 〜 as …の間に no が入っているからです。
not as 〜 as … の語順が好まれるので
In no other city in the world are as many languages spoken as in New York.
となります。
否定語の no が文頭に来たため、are as many languages spoken と、倒置を起こしています。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

than I か than I am か?

携帯電話 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
比較で英作をするときにいつも悩みます。

My sister is prettier than I am.
Tom jumped up higher than Bob.

テキストから抜き出しました。
than のあとに主語+動詞 になるもの、主語で止めるものはどのように考えればいいのでしょうか。

Tom jumped up higher than Bob.
Tom jumped up higher than Bob did.(←だめですか?)

教えてください。お願いしますm(__)m

 ↓
 ↓
 ↓

A
Tom jumped up higher than Bob.
Tom jumped up higher than Bob did.
どちらでもOKです。
日本語でも
「トムはボブより高く跳んだ」
「トムはボブが跳んだのよりも高く跳んだ」
どちらでもいいですよね。
それくらいの違いです。

余談ですが、会話では、than を前置詞のように用いて

He can speak English better than me.

といった用法が見られます。
この場合は、当然
×He can speak English better than me can.
○He can speak English better than I.
○He can speak English better than I can.
となります。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「〜の中で」

携帯電話 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
最上級で「〜の中で最も・・・だ」という文がよくありますよね。
「〜の中で」と書くとき、in と of はどう使い分ければよいのでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

A
最上級 in 単数形の名詞
最上級 of 複数形の名詞です。

He is the tallest in his class.
He is the tallest of the three.





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ■英文法・比較の質問と回答 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。